忍者ブログ
CALENDER
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
FREE
ENTRY ARCHIVE

SEARCH
Tag
趣味と日常のblog
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨日、ホノマラ後にユカコちゃんと
ALICE IN WONDERLAND
見に行ってきました

初スリーデ~!!!
面白かった!!
ファンタジー全開な感じだったけど
意外にも主題は女性の自立って感じだったような?

ジョニーデップのmad hatterが意外にもかなり主役級
もっと脇役的かと思ってたからビックリだった

Jabberwockyの詩をベースにしてるとこも
なかなか
原作は読んだことなかったけど
Jabberwockyの詩は知ってたからわくわくしました
造語だらけのおもしろい詩なんだよね
あとから知ったけどJabberwockyの詩は鏡の国の方にでてくるみたい

映画みて、原作読んでみようかなと思って
早速昨日の夜ちょっと読み始めました
やっぱりルイスキャロル・・・不思議・・・・

あぁイギリスに行きたい!


そういえば、アリスと言えば
不思議の国のアリスの算数パズルって本が好きだったな

カテキョ用の中一数学の教科書をきめなきゃなんなくて
昨日本屋行ったけどめぼしいのがなくって
家になにかないかな~と思って物色してたら
久々に見つけました^^
さらに大量にあった
算数・数学の本・・・・しかもほぼ未読・・・
20冊は越えてる
お母さんがいっぱい買ってくれたのに
アリスのくらいしか読まずに来てしまいました
ごめんねお母さん>_<
読んどけば今頃数学得意になってただろうに
悔やまれる~

もりってお母さんの影響うけすぎてる気がするな
小さい頃からなんて言われてきたか
「歌って踊れる科学者になりなさい」だよ(笑)
でもって、もりが幼稚園のアルバムにかいた将来の夢といえば
「魔女妖精になる」!!
科学VS魔法!
でも、でも、ファンタジー好きもお母さんの影響なんだよね~

で、結局今はというと魔女妖精よりは
歌って踊れる(?)科学者の方が近くにあるっていう悲しい(?)現実
たしかに・・・歌もダンスも習った(笑)


進振りも着々とせまって来てるし
そろそろ本気で考えなきゃいけないよね
さーどうしよう

昨日sprung clent して
机も片付いたことだし
そろそろ韓国語以外も勉強始めようかな


最後に何の関係もないけど、
代々木公園でやってたタイフェスティバルの
タピオカココナッツミルクが
すごく×2おいしかった!!!!(^o^)
PR
Post a Comment
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
無題
koyu
ちょっと!幼稚園の夢のとこかぶってるんだけどww初めて知ったw

なんかさ、最近普通に映画とか見てても
主題とかテーマとかモチーフとか考えちゃうんだけど_ _
This is what IB did it to me.... :(
2010/05/17(Mon)11:28:21 Edit
Re:無題
Morika_pj
haha さすがは我が妹!!w

主題ねぇ・・・やっぱIBの威力は計り知れない・・・・!
Good luck on Bio!
2010/05/17(Mon) 12:25
無題
ぶん
ダンスも習ったの?すご〜い

「歌って踊れる科学者」って、なんかかっこいいな〜
2010/05/17(Mon)12:55:18 Edit
無題
はら
確かに成長していって「運命は自分で切り開くもんだよ」って前面に押し出してる気がした(^O^)/
しかし、ファンタジーの王道だから別にティム・バートンが監督しなくても良い気がするし、最後のオチ(中国がどうのこうのみたいな…)はいらなかった気が…
まぁ俺はチェシャ猫に癒されましたww
2010/05/17(Mon)17:44:49 Edit
歌って踊れる科学者 とは
Ryoko
歌って踊れる科学者 というのは

学会発表の時 階段教室の最上段から
歌って踊りながら登場したら 面白いかも 

という発想からでたんだよ。
応用物理学会 って灰色ネズミの集団で
視覚的には実に地味な学会だったからね♪
2010/05/18(Tue)02:07:18 Edit
<< 無題  │HOME│    快晴 >>
[236] [235] [233] [232] [231] [229] [228] [226] [227] [225] [223]
phot by Anghel * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]